暇つぶしに。様々な出来事をつらつらと。

友人から人生本が書けるよ!と言われた事ある波乱万丈な人生を歩んだ30代後半女です。

結婚出来た女が勝ち組で出来ないのは負け組とか、 そう言う固定概念ホントやめてほしい。

 

一年ほどこのエロと暇つぶしぼやきブログを放置していた。

ま、暇だから放置も何も書きたければ書くし、そうじゃなければ何もしないだけの事。

 

なんかふと婚活コラムとか現代の恋愛事情とか読むと思うんだよね。

 

結婚出来た女が勝ち組で出来ないのは負け組とか、

そう言う固定概念ホントやめてほしい。

て。

 

 

日本人の自己肯定感が低いのって、そう言うところがすごくある気がする。

 

結婚て、

ロマンチックに言うと好きな人とずっと一緒に幸せに生きる事。

ではあるけれど、

本能的に安心して子供を産む為の制度で古来から家(群れ)を繋ぐ為の制度であった。

それが効率的に衣食住を確保するベストな行為であり、

すなわち幸せに生きる事でもあった。

個人だけで生き抜く事は難しい事であったから。

 

だから結婚する事が当たり前であり、

男も女も大人になったら人生に組み込む目標でもあった。

 

でもさ、現代て

むしろ個人の方が生きやすくないか?

 

正直、独身でパートナーがいない一人暮らしの私は今、

人生の中で最高に贅沢に暮らしていると思う。

仕事の忙しさとストレスでいつの間にか性欲も薄れて無くても平気になって来て、

仕事も落ち着いて楽になってきたし

休日家でこもって動画三昧大好きだし、たまに飲み行ける友人もいるし、

もうおばちゃんだから色々気にしなくていっかになって

ファミリーイベントやカップルイベントの日程さえ気を付けてれば一人で何処にでも行けちゃうし。(うかつにそんな日に出かけると卑屈感半端ない。笑)

頼る相手、依存する相手はいないけれど、その分お世話をしてあげる必要もない。

自分の事だけしっかり世話すればいい。

 

ほんと、結婚と言うものがが生きる上で絶対的に必要性ではない。

 

本能で必要と感じない。

必要であると感じる切迫感が無い。

無いとダメだという危機感が無い。

 

それってなくても幸せに生きているって事じゃん!なんて贅沢。

 

なんであんな奴らが子供産んで結婚して幸せそうなのに

なんで真っ当に生きてる自分は結婚出来ないの?

て上から目線で心の中で毒づいて卑屈にならないでさ。

 

「あなたは結局結婚し無くてもそこそこ幸せに

何不自由なく生きて行ける人生を送っている」

そう言う事でしょ?

 

それを個人の努力だけで出来てるならむしろ人生の勝ち組じゃないか?

 

 

現代の結婚の意味は生きる必要性では無くて、ただの世間体とステータス。

 

本来の意味を身体で感じて求めてするのでは無く、

世間体と言う意味不明な呪いの言葉だけが現代に残って

結婚してしていないのは欠陥人間、性格に問題がある、プライドが高すぎるだ、お高くとまってるだなんだ言われ放題。

 

いやいや、結婚して子供いたって問題のある人間いっぱいいるよ。

人格者ばかりじゃないって。

だからモンスターペアレントや虐待する親が無くならない。

 

幸せに感じて生きて来れなかった子供時代を過ごした人ほど

結婚で得られるであろう幸せに幻想を抱いて本能的に求めて結婚適齢期

相手を見つけてサクッと結婚を決める。

 

そう言う人たちも勝ち組なのか?

 

確かに努力して相手を見つけて結婚にまで辿りつかせる事が出来た人は勝ち組と言えるかもしれない。

その中にはただただ愛する人と幸せな人生を求めて結婚する人もいれば

世間体とステータスを求めて必要性を感じてする人もいる。

 

ずっと同じ土俵にいて破れたなら負け組かもしれない。

 

でも同じ土俵に入っていなくて

周りからの痛い視線と言動に居心地の悪さを感じて

「結婚出来ない自分は負け組」

て思ったならそれは大間違いだ。

ましてや他人がその言葉をひとくくりにして独身女性に放つのはどうかと思う。

 

結婚するメリットを感じ無くてしない人もいるだろうし、

頑張ってまで出来ないなと感じて潔く諦める人もいる。その代わり自分の人生は自分で責任を持ってちゃんと働いて国に税金を納めている。

 

本当に必要だと思ったら女の盛りである適齢期にとっとしてるでしょ。

医療が進歩したとはいえ、出産リミットは30半ば、

女の体力と若さの盛りはやはり20代まで。そんなのずーっと言われ続けて来たんだし。

 

結婚出来ない人、しない人の自己肯定感を下げるような世間体やステータスを持ち上げるのは辞めて、そこはそこで尊重して、

結婚出来て、子供を産みたいと頑張ってる人や、産めるけど生活が大変で躊躇する人たち、未来を担ってくれる人たちを産んで育ててくれる人たちだと思って応援して産み育てやすい環境を作って、

産まない人生を決めた人たちがその分働いて税金納めてフォローしてる。

そう言う世の中でいいじゃんか。

 

結婚して子供産んだらそれこそ女性は子供の世話に旦那の世話、

姑舅の介護に、日々家事をこなし、その上働いてお金も稼ぐ必要もあったりする。

 

それが幸せだなんて寝ぼけた事言うな。めちゃくちゃ重労働だ。ストレスだ。

それを完璧と言えないまでも日々熟せてる人は超リスペクトすべき人たちなのだ。

 

それに限界を感じて結局結婚した3人に一人は離婚しちゃうんだ。

 

ん?

内容は違えど、昔から女が嫁ぐ理由って、

家族の働い手いう奴隷扱いと子を産む道具みたいなもんだよな。

なのになんで

結婚=幸せ

てものが世間の常識なんだろう。

結婚を迎える女が人生で最高に綺麗で幸せに見えるのは何故だろう。

人生のはなむけでピークを迎えさせて後の苦労は我慢してもらう為の一種のマインドコントロールか?

世界規模の種の保存の為に作られた暗躍されたお約束事なのか?

 

 

あ!

昔は基本結婚するまでヴァージンだ。

結婚するにはヴァージンロード歩いて締めで貫通するんだもんね。

そして上手く行けば生命を誕生させられるという。

 

好きな相手とSexで貫通する女は最高に綺麗で幸せかもしれない。

 

 

やっぱエロは世界を征するのか。

 

オチが結局エロに結びつく。笑